主人公「御門武(プレイヤー入力可)は平凡な高校生。
突然現れた転校生、「万葉」の出現により、 彼の身辺は次第に騒がしくなる。
巻き起こる猟奇的な事件、そして本人にとって最大の謎である意味不明の悪夢。
その因が自身の魂に刻まれた「闇の皇子」の力にあることをまだ彼は知らない。

時は遡り、平安の世。天命を果たすべく降臨した「螢」は、 ある日一人の陰陽師に命を救われる。
彼の名は「鷹久」。 ほどなく二人は恋に落ちるが、螢は彼の体内に潜む「闇の皇子」の資質に気付く。
「真の皇子」を助けるべき天命と、「闇の皇子」との恋の間で揺れる螢。
タブーを破ったものに待つものは・・・。

螢「私を捜して、鷹久・・・なんども、なんども・・・
   ・・・罪が許されるその日まで・・・ああ鷹久・・・ときが見えるわ・・・」

平安・・・元禄・・・幕末・・・現代。
彼らは時と場所を超えて再び巡り合う。
それは、過去から現代へと続く、辛く悲しい恋物語の再演なのか・・・。

(C)1998-2011 FOG/PIACCI